47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  愛でる

おでかけ

愛でる

四万十町の地域おこし協力隊員が移動動物園を設立

 動物と触れ合いの場に―。高知県高岡郡四万十町の地域おこし協力隊員、野村一将さん(34)=高知市出身=がこのほど、移動動物園「四万十ふれあい動物村 ブレーメン」を立ち上げた。熊本市出身の妻、寛美さん(39)と熊本県内の観光牧場で長く働いた経験を生かし、ポニーや羊、カメなど子どもらが親しみやすい10種…[続き]

2017/10/22 【高知新聞】

1500鉢競い咲く福山で菊花展覧会

 秋本番を告げる福山菊花展覧会(福山市主催、福山菊花同好会共催)が20日、同市丸之内の福山城公園で始まった。11月13日まで。  62回目の開催。愛好家や地元小中学校で育てた菊約1500鉢が並ぶ。大輪の大菊や、小ぶりのスプレー菊など、黄、白、赤、紫と色とりどりの菊が会場を染めている。  同会のメ…[続き]

2017/10/21 【中国新聞】

ツワブキに誘われ神社仏閣巡り 新潟・長岡で見頃

 長岡市寺泊大町周辺で、住民らが地域の宝として保護するツワブキが見頃を迎えている。「つわぶき坂」と呼ばれる斜面や寺の境内など、あちこちに黄色い花が顔を出し、訪れる人を楽しませている。11月19日まで「つわぶき祭」が開かれており、期間中は週末を中心に、茶会や撮影会などイベントがめじろ押しだ。  ツワ…[続き]

2017/10/20 【新潟日報】

故坂東眞砂子共同原案 映画「朱花の月」29日上映 高知県立文学館

 奈良県飛鳥地方を舞台に男女の鮮烈な愛を描いた映画「朱花(はねづ)の月」(河瀬直美監督)が29日、高知市丸ノ内1丁目の高知県立文学館で上映される。  2011年公開作品。河瀬と高岡郡佐川町出身の直木賞作家、故坂東眞砂子との共同原案で、坂東は小説「逢(あ)はなくもあやし」として刊行している。  朱…[続き]

2017/10/20 【高知新聞】

光浴びて「七色の輝き」 池田・大峰高原の大カエデ

 「七色大カエデ」の名で知られる北安曇郡池田町大峰高原のカエデの葉が赤やオレンジ、黄色に染まり、見頃を迎えた。晴れ間がのぞいた18日は見物客が各地から訪れ、幹の周りを歩きながら見え方の違いを楽しんでいた。  町観光協会によると、紅葉は日当たりの良い東側から西側へ進んでおり、全体の半分ほどが色づいてい…[続き]

2017/10/19 【信濃毎日新聞】

「すごい瓦」観客驚き 姫路で地元産の瓦展

 兵庫県姫路市のものづくり技術を知ってもらおうと、地元産の瓦を集めた「瓦展-地場産業の紹介」が、見野の郷交流館(姫路市四郷町見野)で開かれている。寺院などに使われる鬼瓦や、竜をかたどったいぶし瓦など約30点が並ぶ。11月12日まで。  地元企業の技を理解してもらう機会にと市が企画し、2回目。192…[続き]

2017/10/18 【神戸新聞】

色の変化も美しく 防府・周防国分寺でスイフヨウ見頃

防府市国分寺町の周防国分寺(福山秀道住職)で、スイフヨウの花が見頃を迎えた。時間帯によって色が変わる品種で、今月末まで楽しめそう。…[続き]

2017/10/17 【山口新聞】

カープ「日本一」へ熱気 宿は満室

 セ・リーグを連覇した広島東洋カープは18日から、日本シリーズ進出を懸けてクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージに臨む。舞台となる広島市南区のマツダスタジアム周辺では、広島県外から観戦に訪れるファンなどで宿泊施設が予約でほぼ満室となるなど、33年ぶりの日本一に向け熱気が高まっている。  …[続き]

2017/10/17 【中国新聞】

「二本松の菊人形」開幕 江戸時代の歴史や文化、鮮やかに表現

 日本最大級の菊の祭典「二本松の菊人形」が14日、二本松市の霞ケ城公園で開幕し、色鮮やかな菊の競演などで来場者を楽しませている。…[続き]

2017/10/15 【福島民友新聞】

秋バラ鮮やか、香り強く 河津バガテル公園で見頃

 河津町峰の町営バラ園「河津バガテル公園」で、秋バラが見頃を迎えた。寒暖の差が大きくなる秋のバラは一段と色鮮やかで香りが強く、かわいらしいバラの実「ローズヒップ」も観賞できる。  深紅の「リリーマーレーン」やピンク色の大輪「香澄」など約1100品種、6千株が植栽されている。10月に入って気温が高い日…[続き]

2017/10/14 【静岡新聞】