47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  愛でる

おでかけ

愛でる

いにしえの大賀ハス、今年も大輪 滋賀の公園

 2千年以上前の種子から発芽した古代のハス「大賀ハス」が滋賀県野洲市辻町の弥生の森歴史公園で開花した。直径約20センチの薄桃色の大輪が訪れた人を楽しませている。…[続き]

2017/06/23 【京都新聞】

〔ふくしま花だより〕大内ダリア園 20種のスカシユリ咲き競う

園内にあるユリ畑で10日前から咲き始めた。約20種類のスカシユリが咲き競い、今月末まで楽しめそう。…[続き]

2017/06/23 【福島民友新聞】

「日本のへそ土偶 縄文の母 ほっこり」 辰野の仮面土偶、愛称決定

 上伊那郡辰野町教委や住民でつくる「たつの芸術村事業実行委員会」は22日、同町新町で出土し、町立辰野美術館が所蔵する縄文時代の仮面土偶(県宝)の愛称を「日本のへそ土偶縄文の母ほっこり」に決めた。今年1月の公募で県内外から485件の応募があり、複数の応募作を組み合わせて名付けた。  全長20・1センチ…[続き]

2017/06/23 【信濃毎日新聞】

茶席から「風情堪能を」 京都・綾部の東光院

 京都府綾部市上延町の東光院に茶席が設けられた。アジサイが見頃を迎えており、寺は「アジサイと小川、新緑のモミジが醸し出す風景を堪能して」と呼び掛けている。…[続き]

2017/06/22 【京都新聞】

〔ふくしま花だより〕伊佐須美神社 色鮮やか150種10万株

 伊佐須美神社外苑あやめ苑では、150種10万株の色鮮やかなハナショウブやアヤメが来場者を迎えている。7月5日まで、あやめ祭りが行われており、会場に特設ステージを設け、毎週末に踊りや楽器演奏などが繰り広げられている。…[続き]

2017/06/22 【福島民友新聞】

豊丘でひっそり競演 艶やかハナショウブとスイレン

 下伊那郡豊丘村神稲(くましろ)・佐原地区の「大平(おおびら)しょうぶ園」のハナショウブやスイレンの開花が進んでいる。標高約700メートルの山間部にある同園には、アジサイや古代ハスなどを含め多くの花が植栽されている。木々に囲まれたくぼ地でひっそりと花々が彩りを競う様子を楽しめる。  久々にまとまった…[続き]

2017/06/22 【信濃毎日新聞】

アジサイ寺、7000株見頃 久留米市・千光寺

 1年で昼の時間が最も長い「夏至」の21日、筑後地区はどんよりとした曇り空に覆われた。「アジサイ寺」として知られる久留米市山本町豊田の千光寺では、アジサイが見頃を迎え、多くの人が訪れた。…[続き]

2017/06/22 【西日本新聞】

ショーの主役オールドローズ開花続々 茅野の英国式庭園

 茅野市北山の英国式庭園「蓼科高原バラクライングリッシュガーデン」で22〜26日に開く「フラワーショー」を前に、オールドローズ(古典種)と呼ぶ主役のバラが咲き始めている。バラ以外にも、英国式庭園に欠かせないというアリウムなども見頃で、同ガーデンは「年間で庭が最も華やぐ時季を楽しんで」と来場を呼び掛け…[続き]

2017/06/21 【信濃毎日新聞】

空梅雨に慈雨 アジサイ見頃

 山口県内は20日、全域で約2週間ぶりに雨が降った。空梅雨を懸念していた農家は久々の恵みに一安心。山口市中心部の亀山公園ではアジサイが見頃を迎えている。  下関地方気象台によると、午後7時までに岩国、柳井市など全21観測地点で降水を記録。梅雨入り翌日の7日以来、13日ぶりの雨となった。  山口市…[続き]

2017/06/21 【中国新聞】

日本の夕日、名所紹介 加古川で写真展 26日まで

 日本の夕日の名所を紹介する写真展が、兵庫県加古川市加古川町篠原町のコミュニティースペース「びぃぷらす」で開かれている。41都道府県の50カ所で撮影された写真と解説を壁一面に掲示している。26日まで。  東京や大阪で地域おこしに関わる有志らでつくるNPO法人「日本列島夕陽と朝日の郷づくり協会」が主…[続き]

2017/06/20 【神戸新聞】