47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  眺め・景色

おでかけ

眺め・景色

<田んぼアート>紅葉の中恋に落ちる秋田犬 秋田内陸線沿線で見頃

 鷹巣(北秋田市)-角館(仙北市)間を走る第三セクター秋田内陸縦貫鉄道沿線の田んぼアートが見頃を迎えている。「秋田犬と四季」をテーマに4カ所にあり、車窓から楽しめる。  北秋田市阿仁小渕の小渕-阿仁合間は「秋」で、紅葉の中で2匹が恋に落ちる様子を図案化した。今月中は日中の一部列車がそれぞれの田んぼア…[続き]

2017/08/20 【河北新報】

山頂の夕景、粋な音楽 屋島でイベント始まる

 香川県高松市の屋島山上で繰り広げられる音楽イベント「天空ミュージック2017」(屋島山上ライブイベント実行委主催)が18日、開幕した。初日は暮れゆくサンポート高松の景観を望める会場で、東京を拠点に活動する人気の男女3人組「ジルデコイ・アソシエーション」が演奏。ジャズをベースにした都会的なサウンドが…[続き]

2017/08/19 【四国新聞】

高知県の足摺岬灯台を「恋する灯台」に認定 ロマンチスト協会

 社団法人「日本ロマンチスト協会」(長崎県雲仙市)はこのほど、高知県土佐清水市の足摺岬灯台を「恋する灯台」、土佐清水市を「恋する灯台のまち」に認定した。2017年秋には土佐清水市内でデートプランを構築するワークショップを開く予定で、土佐清水市も「協力して全国発信したい」と意気込んでいる。  日本ロ…[続き]

2017/08/19 【高知新聞】

鮮やか「サルスベリの丘」 長野で見頃、1300本

 長野市若穂保科の「サルスベリの丘」が見頃を迎え、赤やピンクの色鮮やかな花が山あいを染めている。  近くの植木職人入井一人さん(67)が15年ほど前から植え始め、手作りの遊具なども整備。毎年木を増やし、今年は昨年より100本ほど多い約1300本という。今年は例年並みの8月初旬に麓から開花が始まり、数…[続き]

2017/08/18 【信濃毎日新聞】

池床で食事や灯籠満喫 猿沢池で涼しい時間

 池の上に張り出したスペースで食事などを楽しめる「池床(いけどこ)」が16日、奈良市登大路町の猿沢池で始まった。奈良町一帯で今年初めて開かれたイベント「ぐれーとさまぁーふぇすた☆ならまち遊歩」(同実行委員会主催)の一環。池の水面には灯籠(とうろう)も浮かび、多くの人が一時の涼を楽しんだ。25日まで。…[続き]

2017/08/17 【奈良新聞】

南国の花 あでやかに カンナ20種4000本見頃

 香川県さぬき市長尾東の丘陵地にあるグラウンドで、熱帯地方原産のカンナの花が見頃を迎えており、鮮やかな赤や黄、オレンジ色に咲き誇る南国の花が訪れた人を楽しませている。見頃は9月末頃まで続く見通し。  グラウンドは、高松市の畳製造会社が所有。同社の前専務の槙野清さん(81)が周辺の雑草を抑えようと、2…[続き]

2017/08/15 【四国新聞】

真夏の夜の天体ショー、久万高原天体観測館で楽しむ

 真夏の夜空に流れる「ペルセウス座流星群」が12日夜から13日未明にピークを迎えた。愛媛県久万高原町下畑野川の久万高原天体観測館では、12日午後10時ごろから約30人が空を仰いだ。…[続き]

2017/08/14 【愛媛新聞】

ヒマワリが見頃、見上げる大輪1000本 京都・福知山

 京都府福知山市大江町二箇の由良川近くの畑で、約千本のヒマワリの花が見頃を迎えている。住民が地域の景観を良くしようと、毎年植えており、今年も台風や暑さに負けず、大輪を咲かせている。…[続き]

2017/08/13 【京都新聞】

ヒマワリが見頃、見上げる大輪1000本 京都・福知山

 京都府福知山市大江町二箇の由良川近くの畑で、約千本のヒマワリの花が見頃を迎えている。住民が地域の景観を良くしようと、毎年植えており、今年も台風や暑さに負けず、大輪を咲かせている。…[続き]

2017/08/13 【京都新聞】

鮮やか青紫、キキョウが見頃 山形市野草園

 鮮やかな青紫色の花が目を引くキキョウが、山形市西蔵王高原の市野草園で見頃を迎えた。  つぼみが丸くふくらむ姿から、英名はバルーンフラワーと呼ばれる。開花時期は時間差があり、同園内ではちょうど見頃となっている花が多い中、開花を待つ丸いつぼみも見られる。  また、黄色いオミナエシやカワラナデシ…[続き]

2017/08/12 【山形新聞】