47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  くつろぐ

おでかけ

くつろぐ

自然生かし攻めの集客 京都・世屋高原の宿泊施設

 京都府宮津市北部の標高約500メートルの世屋高原にあり、完成から33年がたつ市営宿泊施設「しおぎり荘」(同市上世屋)が、地域の自然環境を生かしたサービスを充実させ、利用者増加を図っている。府内有数の豪雪を売りにしようと、2年前から冬季営業を開始。野外活動も実施させ、「公共宿舎のイメージをガラッと変…[続き]

2017/08/19 【京都新聞】

淡路SA思わぬサービス 明石海峡大橋2億台突破で

 明石海峡大橋の通行車両台数が累計2億台を突破し、18日、記念イベントが神戸淡路鳴門自動車道の淡路サービスエリア(SA)であった。淡路島の特産品がもらえるゲームや、SA内にある観覧車の料金割引などがあり、海峡越しに広がる神戸側の景色を見に立ち寄る観光客らでにぎわった。  同大橋は本州と淡路島を結ぶ…[続き]

2017/08/19 【神戸新聞】

ふたば未来高生「描いた夢を形に」 広野で青空市・19日初開催

 高校生が1年前に米国で思い描いた夢が実現する。ふたば未来学園高の生徒有志でつくる団体「FMふたばプロジェクト」は19日、生産者が消費者と顔を合わせて農作物を販売する青空市「ファーマーズマーケット」を広野町の二ツ沼総合公園で初めて開く。…[続き]

2017/08/18 【福島民友新聞】

湯布院“夏の風物詩” 映画祭、23日から5日間

 新旧の作品を上映する第42回湯布院映画祭(大分合同新聞社後援)が23日の前夜祭を皮切りに、由布市湯布院町で始まる。映画人と来場者が意見交換や交流をするシンポジウム、パーティーも企画されている。27日まで。  前夜祭は23日午後7時から。JR由布院駅前でダンス、神楽が披露され、同8時からアクション映…[続き]

2017/08/18 【大分合同新聞】

第19回今治ジャズタウン、ジャズ奏者ら集結

【19、26、27日の3日間】  県内外で活躍するジャズ奏者らが夏の港町・今治に軽快なサウンドを響かせる「第19回今治ジャズタウン」(実行委員会主催)が19、26、27の3日間、市内各所で開かれる。  出演は栗田敬子トリオwith情家みえ、向井滋春クインテット、猪俣猛ジャズテットら。…[続き]

2017/08/18 【愛媛新聞】

癒やして24年、700万人突破 ひまわり温泉「ゆ・ら・ら」入浴者数

 中山町のひまわり温泉「ゆ・ら・ら」の入浴者数が15日、700万人を突破し、節目の入浴客となった山形市東原町1丁目、自営業庄司平吉さん(72)矩子さん(72)夫妻に記念品が贈られた。  庄司さん夫妻は午前中、同温泉に行く予定だったが所用で午後にずれ込んだことで節目の入浴客となった。拍手で迎えられ…[続き]

2017/08/16 【山形新聞】

ハワイアンズ、午後6時以降の入場料半額 特別ショーも開催

 常磐興産が運営するいわき市のスパリゾートハワイアンズは、午後6時以降の入場料が半額になる「夏期限定ナイト割引」を行っている。9月30日まで。  ナイト割引に合わせ午後7時から約10分、プロのファイヤーナイフダンスチーム・シバオラによる「夜の虹と光の特別ショー」を開いている。…[続き]

2017/08/14 【福島民友新聞】

天童温泉「いちらく」が自動精算導入 会計楽々、接客生き生き

 天童温泉の旅館「いちらく」(天童市、佐藤哲也社長)はチェックアウト時の自動精算システムを導入した。県内の温泉旅館では初という。同社の進める働き方改革の一環で従業員の省力化を図った。もちろん顧客満足度アップ策でもあり、佐藤社長いわく「会計は機械に任せ、その分接客を充実させる」狙いだ。  宿泊施設…[続き]

2017/08/13 【山形新聞】

「道の駅までい館」オープン 飯舘に笑顔の拠点、7500人が来場

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が一部地域を除き解除された福島県飯舘村の道の駅「いいたて村の道の駅までい館」が12日、同村深谷字深谷前12の1に開業した。住民の笑顔を写したパネルやベゴニアなどの花々で彩られた施設には、オープンを待ちわびた村民や観光客が詰め掛け、復興へと歩む村の姿を象徴する光景が…[続き]

2017/08/13 【福島民友新聞】

思い込めて「鎮魂」の舞 19日、津久見扇子踊り大会

 第54回津久見扇子踊り大会(19日・津久見市つくみん公園)に向け、舞台踊りなどを披露する「扇子踊り娘」が稽古を積んでいる。「優雅」「豊麗」などと表現される古里の伝統芸能を、それぞれの思いを込めながら習得に努めている。  扇子踊り娘は今年新たに8人が認定され、総勢17人。7月下旬から本番まで、計8…[続き]

2017/08/13 【大分合同新聞】