47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  くつろぐ

おでかけ

くつろぐ

夏の二条城は涼しい朝から 午前7時開城、朝市も

 暑い季節に涼しい早朝観光を楽しんでもらおうと、京都市は7月1日から、初めて世界遺産の二条城(中京区)を午前7時から開城する。普段は非公開となっている「香雲亭」での朝食や朝市などの催しもあり、「いつもとは違った視点から二条城を楽しんでほしい」としている。…[続き]

2017/06/23 【京都新聞】

別所温泉にカフェオープン 心と体リフレッシュの場に

 上田市別所温泉に、手作りジェラートやコーヒーを提供するカフェ「katsuraso(桂荘)カフェハレterrace(テラス)」がオープンした。近くの旅館「桂荘」のおかみ小林さぎりさん(38)が5月末に開店。別所温泉は宿の中で過ごす客が多いと感じ、昼間に食べ歩きができる店を作りたいと考えたという。  …[続き]

2017/06/22 【信濃毎日新聞】

大山采子さん、佐藤B作さんと8月21日・トークショー

 松竹特別公演「妖麗『牡丹燈籠(ぼたんどうろう)』」(8月21日・二本松市民会館)に出演する同市観光大使の大山(一色)采子さんは同日、共演する福島市出身の俳優佐藤B作さんとのプレミアムトークショーに臨む。トークショーは午後2時からの公演終了後、約20分間。…[続き]

2017/06/20 【福島民友新聞】

「蚊帳で女子会」学生ら企画 京都で7月8日開催

 かつては夏の夜に欠かせなかった虫よけの「蚊帳」を若い世代の感性で活用しようと、京都華頂大現代家政学部の学生らが7月8日、蚊帳の中での交流を楽しむイベント「蚊帳で女子会」を、京都市左京区の金戒光明寺塔頭の永運院で開く。  同学部と下京区の寝具メーカー「京都西川」の産学連携プロジェクト「ライフデザイ…[続き]

2017/06/19 【京都新聞】

20、30代向けブランド充実 七尾・パトリアにセレクトショップ

 JR七尾駅前の複合商業施設「パトリア」の2階に、七尾市内の衣料品店「ますや」が新たに運営する、20、30代の女性向けブランドを中心に取りそろえたセレクトショップ「MNEXT」がオープンした。2月のスーパー撤退以降、空きテナントとなっていたパトリア2階で、初の出店となった。  ますやは「30代からの…[続き]

2017/06/19 【北國新聞】

「劇団WAY!!」練習に熱 24、25日会津稽古堂で公演

 会津地区の劇団愛好家でつくる「劇団WAY!!」(二瓶悟史団長)は24、25の両日、福島県会津若松市の会津稽古堂で第18回公演「俺の酒が呑めない」を開く。公演を控えた16日、同所で練習が行われた。…[続き]

2017/06/18 【福島民友新聞】

「ゴージャス足湯」が人気 鶴岡でローズフェスティバル

 鶴岡市のあつみ温泉ばら園を盛り上げようと、「ローズフェスティバル」が17日、温泉街の飲食店「足湯カフェ チットモッシェ」で開かれた。色鮮やかなバラがたっぷり入った「ゴージャス足湯」が人気で、訪れた人々は香りを楽しみながらくつろいでいた。  同園は地元の旅館経営者らが1962(昭和37)年に造成…[続き]

2017/06/17 【山形新聞】

表現の奥深さ味わう 現代工芸展で茶会

 第56回日本現代工芸美術展石川展(現代工芸美術家協会、同石川会、北國新聞社主催)に合わせた現代工芸茶会は15日、金沢21世紀美術館の松涛庵(しょうとうあん)と山宇亭(さんうてい)で開かれた。参加者は出品作家らの手掛けた茶碗(わん)で一服を楽しみ、茶陶からオブジェまでに到る、現代工芸美術の表現の奥深…[続き]

2017/06/16 【北國新聞】

移住写真家が自宅を兼ねたギャラリー開設 高知県四万十町

  元朝日新聞記者で、2年前に高知県に移住した写真家、高橋正徳さん(49)=広島県出身=が高知県高岡郡四万十町七里甲に自宅を兼ねたギャラリーを完成させた。四万十川の近くにある、築30年の農機具小屋を改装した一軒家で、名称「DOMA to KABE~土間と壁~」。  不定休で、当面はイベント時のみオ…[続き]

2017/06/14 【高知新聞】

家具や部材 魅力に触れて - 十津川に地元材発信のカフェ・ギャラリー

 十津川村山崎の製材工場跡が、同村林業6次産業化拠点施設のカフェ・ギャラリー「KIRIDAS(キリダス)TOTSUKAWA(とつかわ)」として生まれ変わった。  インテリアデザイナー岩倉榮利さん監修で、村産スギ・ヒノキを使った家具を展示、販売。隣接する工場で家具を製作している十津川木工家具協議会が…[続き]

2017/06/14 【奈良新聞】