47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  くつろぐ

おでかけ

くつろぐ

高知県の嶺北地域3町がれいほく民泊推進協議会連合会を発足

 民泊ニーズの高まりを受け、嶺北地域の高知県長岡郡大豊町、本山町、土佐郡土佐町の官民関係者が4月25日、れいほく民泊推進協議会連合会を発足させた。3町の民泊推進組織が連携することで、より多くの利用者が宿泊でき、予約手続きの一元化や、サービスの平準化も可能になる。自治体の枠を超えた連携は高知県内初。5…[続き]

2017/04/26 【高知新聞】

“一日遍路”楽しんで 三豊・粟島 29日に「島四国」

 三豊市詫間町の粟島で29日、恒例の「島四国八十八カ所巡り」が開かれる。島内に設けられた札所を巡りながら、住民ボランティアのお接待も受けられ、島の魅力に触れる“一日遍路”を満喫できる。  粟島の島四国は、島内にある88体の地蔵を参る風習で、海運業が盛んだった19世紀初め、船数が88隻を超えたのを機…[続き]

2017/04/26 【四国新聞】

善光寺3宿坊高評価 ネットの旅行サイト調査

 インターネット通販大手・楽天の総合旅行サイト「楽天トラベル」は24日、評価の高い全国の宿坊ランキング上位10位を初めて発表し、長野県内では長野市の善光寺から淵之坊が1位、兄部坊(このこんぼう)が5位、薬王院が9位に入った。同サイトには「精進料理がおいしかった」「善光寺での案内が親切」といったコメン…[続き]

2017/04/25 【信濃毎日新聞】

玉造温泉ゆ~ゆで週末限定「昔話カフェ」始まる

 松江市玉湯町玉造の日帰り温泉施設「玉造温泉ゆ~ゆ」が21日、観光客に地元の昔話を楽しんでもらう「昔ばなしカフェ」を始める。昔話という「埋もれた観光資源」に光を当て、若者に照準を絞って週末限定で開催。温泉街を訪れた若者のまち歩きを促す。  昔ばなしカフェは、毎週金~日曜日の午後4時から30分間、館…[続き]

2017/04/21 【山陰中央新報】

商業施設「浜風きらら」オープン いわき・久之浜、9事業者入居

 東日本大震災の津波や火災で被害を受けた福島県いわき市久之浜町に20日、飲食店などが入居する商業施設「浜風きらら」がオープンした。飲食店や美容室が入居し、地域のにぎわい創出の拠点を担う。…[続き]

2017/04/21 【福島民友新聞】

富永屋でくつろいで 京都のアクセサリー作家、向日でカフェ

 京都府向日市寺戸町の伝統建築「富永屋」を会場に、隣町の京都市西京区大原野地区のアクセサリー作家が2カ月に1回、カフェを開いている。旧家のたたずまいに魅了されたといい、同地区の知人や地元の主婦らで毎回、にぎわっている。23、24日にはカフェに併せて、初となる手作り市を開催する。…[続き]

2017/04/21 【京都新聞】

「浜風きらら」20日オープン 飲食店や美容室など出店

 東日本大震災の津波や火災で甚大な被害を受けた福島県いわき市久之浜町に整備中の商業施設「浜風きらら」はオープンを20日に控え、入居事業者らの準備が大詰めを迎えている。18日、報道機関向けに内覧会が開かれた。  同施設は、地域の復興と利便性向上を目的に整備され、にぎわい創出の核となる。被災事業者が入…[続き]

2017/04/19 【福島民友新聞】

シダレザクラ、思い出と共に 飯田・木造の旧校舎

 飯田市竹佐の旧山本中学校杵原(きねはら)校舎(国登録有形文化財)前にあるシダレザクラの枝に、薄紅色の花が咲き誇っている。1949(昭和24)年から85年の統廃合まで3515人の卒業生を送り出した桜。今は、多くの観光客の目を楽しませている。  吉永小百合さん主演の映画「母(かあ)べえ」のロケ地になっ…[続き]

2017/04/18 【信濃毎日新聞】

泊神社で芸能コンサート 加古川出身のシンガー企画

 地域の結び付きを取り戻そうと、兵庫県加古川市加古川町出身のシンガー・ソングライター、TOZY(トージー、本名・田路勝浩)さん(42)=明石市=が23日、同町木村の泊神社で芸能コンサート「第2回あの素晴らしい町内会をもう一度」を開く。歌やフラメンコ、剣舞など多彩なステージで、まちを盛り上げる。  …[続き]

2017/04/17 【神戸新聞】

癒やしの春演出...『桜のお風呂』 喜多方・3温泉施設で提供へ

 会津の本格的な桜の見ごろシーズンを前に、福島県の喜多方市ふるさと振興は14日から、同市の三つの温泉施設で「さくら風呂」のサービスを提供する。30日まで。…[続き]

2017/04/14 【福島民友新聞】