47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  味わう

おでかけ

味わう

どぶろく祭り始まる 杵築市・白鬚田原神社

 杵築市大田沓掛の白鬚(しらひげ)田原神社(河野真二宮司)で17日、1300年以上の歴史がある「どぶろく祭り」(県選択無形民俗文化財)が始まった。各地から参拝客が訪れ、古来変わらぬ製法で仕込まれた神酒を楽しんだ。18日まで。  五穀豊穣(ほうじょう)や無病息災に感謝する神事。参拝客は真っ白などぶろく…[続き]

2017/10/17 【大分合同新聞】

原田伸郎さんら登場 開業前商業施設が22日催し

 兵庫県三田市学園4のカルチャータウンに来年できる商業施設「三田まほろばブレッツァ」をPRしようと、記念イベント「カルチャータウン・オータムフェア」が22日、予定地隣の芝生広場で開かれる。出店企業のお披露目ブースやステージイベントがある。  施設は、長年使われていなかった地区センター用地の北ブロッ…[続き]

2017/10/17 【神戸新聞】

爽やか酸味、特産コンパラ 青木でソフトクリーム好評

 小県郡青木村特産のコンパラ(ナツハゼ)を気軽に味わってもらおうと、村内の「道の駅あおき」にある食堂「味処(あじどころ)こまゆみ」が期間限定で販売しているコンパラの実を使ったソフトクリームが好評だ。20日までの販売予定を11月末まで延長。このところ急に冷え込んできたが、担当者は「暖かな食堂ならまだま…[続き]

2017/10/17 【信濃毎日新聞】

広島で野菜や手作り洋菓子など販売へ 農業女子研修生10人

 島根県が7~10月に全3回の日程で開いた農業女子研修に参加した研修生10人が18日、育てた野菜や手作りの洋菓子などを販売する軽トラ市を広島市内で開く。研修の成果を披露する特別企画として計画。見た目のいい商品レイアウトや出品品目の確定など準備を進めており、「多くの人に商品に親しんでもらいたい」と意気…[続き]

2017/10/17 【山陰中央新報】

ご当地バーガー一堂に ふくしまバーガーサミット

 東日本のご当地ハンバーガーが並ぶ「ふくしまバーガーサミット」が22日、福島県桑折町のふれあい公園で開催される。  4年目の今回は、東北6県と北関東の計24団体が参加。富谷市の「ビーフベーコンステーキバーガー」は初参加で、牛肉のベーコンと仙台みそのソースが特長。「比内地鶏メンチカツバーガー」(秋田市…[続き]

2017/10/16 【河北新報】

トトタベローネ氷見が開幕 海と魚学ぶ多彩なイベント 

 さまざまなイベントを通して氷見の魚や海に親しむ「トトタベローネ氷見」が15日、氷見市中央町の市漁業文化交流センターなどで始まった。初日は直径2メートルの巨大パエリアの振る舞いや、かまぼこ作り体験などがあり、市内外の大勢の家族連れが楽しんだ。29日まで。  トトタベローネは、日本財団「海と日本PR…[続き]

2017/10/16 【北日本新聞】

京都の地ビール飲み比べも 丹後でグルメフェス

 京都・丹後地域の食の魅力に触れるイベント「丹後グルメフェスティバル」が14日、京丹後市弥栄町の道の駅「丹後王国 食のみやこ」で始まった。地元の食材を使った多彩な料理が並び、大勢の家族連れらでにぎわった。…[続き]

2017/10/15 【京都新聞】

迫力のマグロ解体、味比べも 「沖縄美ら海まぐろ」をPR 泊いゆまち

 ブランド魚「沖縄美ら海まぐろ」をPRする沖縄美ら海まぐろフェア(主催・沖縄鮮魚卸流通協同組合)が14日、那覇市港町の泊いゆまちで始まった。…[続き]

2017/10/15 【琉球新報】

高知県三原村のどぶろく造りが最盛期 11/3どぶろく・農林文化祭

 どぶろく特区の高知県幡多郡三原村で、村産新米を使ったどぶろく造りが最盛期を迎えている。毎年、村内外から多くの人が買い求めに来る「村どぶろく・農林文化祭」(11月3日)に向け、製造元の7軒の農家で仕込み作業が続いている。  上長谷の農家民宿「今ちゃん」では、代表の今西美穂さん(58)が、早朝から精…[続き]

2017/10/15 【高知新聞】

Sea級グルメ全国大会開幕 魚津

 海の幸を使ったご当地グルメの祭典「第10回みなとオアシスSea級グルメ全国大会in魚津」が14日、魚津市の海の駅蜃気楼で開幕した。15日まで。  魚津港一帯が国土交通省から「みなとオアシス魚津」と認定されて10周年となることから、日本海側で初めて開かれた。  全国の「みなとオアシス」が海産物を…[続き]

2017/10/15 【北日本新聞】