47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  祭り

おでかけ

祭り

伝統の石かち勇壮 利賀で山祭り

 南砺市利賀地域の秋を彩る「ど~んと利賀の山祭り」が21日、同市利賀村坂上のそばの郷(さと)広場で始まった。かつて合掌造り家屋の土台を造る際に行われた伝統儀式「石かち」が来場者を交えて勇壮に再現され、山里に活気を呼び込んだ。22日まで。  石かちは、合掌造り家屋を新築する際、基礎石を固定するために…[続き]

2017/10/22 【北日本新聞】

ちゅーピーと歌って踊ろう 柳井

 中国新聞防長ちゅーピーまつり(中国新聞防長本社主催)が22日、柳井市新庄のやまぐちフラワーランドである。市民参加の歌やダンスのステージや新聞に触れ合う催し、2年続けてセ・リーグ優勝を決めた広島東洋カープ関係のトークショーなど多彩なイベントを用意。入場無料。  テーマは「歌おう夢 結ぼう絆」。書類…[続き]

2017/10/18 【中国新聞】

400人 女みこしで盛り上げ 27、28日「中洲まつり」 前夜、はしご酒大会

 九州最大の歓楽街・中洲(福岡市博多区)を満喫する秋の風物詩「第42回中洲まつり」(実行委員会主催)が27、28の両日、開かれる。中洲中央通り(大通り)には焼き鳥や唐揚げなどの飲食ワゴン約80店がずらりと並び、女性ばかりで担いだみこしが練り歩く「國廣女みこし」で街は祭り一色に染まる。…[続き]

2017/10/17 【西日本新聞】

今週末「おおいた夢色音楽祭」 過去最多290組が出演

 県都のまちなかを音楽で一色にする「おおいた夢色音楽祭2017」(大分合同新聞社後援)が21、22の両日、大分市中心部で開かれる。10回目の今年は中央通りの歩行者天国(21日)と同時開催。「西洋音楽発祥の地」を市民らにアピールする。  メインイベントは、商店街や若草公園など延べ38会場で思い思いの…[続き]

2017/10/16 【大分合同新聞】

滋賀・大津の街角にジャズ響く レコード発売100年でフェス

 滋賀県内最大級のジャズの祭典「大津ジャズフェスティバル」が14日、大津市のなぎさ公園一帯で始まった。街角のあちこちに軽快な音楽が響き渡り、レコード発売から今年で100年の節目を迎えたジャズの魅力を市民や観光客が堪能した。…[続き]

2017/10/15 【京都新聞】

1200人、熱い演舞 高松で「よさこい祭り」

 高松の街をよさこい踊りで染め上げる「第2回YOSAKOI高松祭り」(同実行委主催)が14日、高松市内で始まった。よさこいの本場・高知をはじめ県内外から55チーム計約1200人の踊り子が集まり、中心市街地の5会場で熱い踊りを繰り広げた。15日まで。  祭りは昨年に続く2回目の開催で、香川大の学生で…[続き]

2017/10/15 【四国新聞】

音楽・食フェス「米奏動」開幕 富山城址公園

 音楽と食を通じて富山市中心部を盛り上げる「まちなかミュージック&フードフェスティバルTOYAMA米奏動」が14日、富山城址公園を主会場に開幕した。県内外の飲食店が県産米のご飯に合うメニューを提供し、市内電車や沿線の店舗でも多彩な音楽ライブを開催。15日まで富山らしい音楽と食の文化を発信する。  …[続き]

2017/10/15 【北日本新聞】

ポルトガルと“共演” 14、15日に「宗麟公まつり」

 伝統芸能や音楽、食を通じて豊後の戦国大名、大友宗麟に親しむ「宗麟公まつり」が14、15の両日、宗麟像がある大分市のJR大分駅府内中央口広場で開かれる。5回目の今年は、南蛮貿易などで交流のあったポルトガルにちなんだイベントが満載。ワインを片手にイベントや異国情緒あふれる料理を楽しめる。  14日は…[続き]

2017/10/12 【大分合同新聞】

ミッキーに笑顔一色 那覇大綱挽まつり開幕 国際通りバレード

 「第47回那覇大綱挽まつり」(同実行委員会主催)が7日、沖縄県那覇市で開幕した。…[続き]

2017/10/08 【琉球新報】

やんばるの産業まつり、名護で開幕 自慢の特産品紹介

 第33回やんばるの産業まつり(北部振興会主催)が7日、沖縄県名護市の21世紀の森屋内運動場を主会場に開幕した。8日まで。 …[続き]

2017/10/08 【琉球新報】