47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  アート >  東播地域が「博物館」に 11日から56会

おでかけ

記事

東播地域が「博物館」に 11日から56会場で催し

 まちを博物館に見立て、市民らが趣味の作品や自慢のコレクションを展示したり、木工や雑貨制作の体験教室を開いたりする文化イベント「かこがわまちかどミュージアム」(神戸新聞社後援)が11~19日、東播2市2町で開かれる。11回目の今回は、過去最大規模となる56会場で最多の62組が参加する。

 同イベントは2006~10年、加古川観光協会が地域の活性化を目的に開催。一定の成果があったとして休止したが、復活を望む市民が「まちかどミュージアムを成功させる会」を立ち上げ、12年に再開した。

 展示内容は絵画や陶芸、寄せ植え、写真など多分野にわたる。私設のメダカ博物館や…[記事全文]

アート   2017/11/10 11:36   【神戸新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報