47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  実り >  紅玉のアップルパイ 飯田の洋菓子店、秋限

おでかけ

記事

紅玉のアップルパイ 飯田の洋菓子店、秋限定販売で食育

 飯田市の洋菓子店「トップ」で秋限定のアップルパイが今年も店頭に並んだ。地元特産のフルーツを生かしたいと10年余り前から販売を始めた商品で、8日も店内で存在感を放った=写真。
 使うリンゴは酸味が強い「紅玉」。煮崩れしにくく、砂糖煮にした実は自家製の香ばしいパイ生地とよく合う。毎日30個ほどが売れ、中には県外から買い求めて来る人もいるという。
 具材を冷凍すれば年間通した提供も可能だが、10〜11月のみの販売にあえてこだわる。社長でシェフの原寛さん(67)は「世の中便利になって、子どもたちが食べ物の旬を分からなくなっている。食育ですよ」とにやり。

[記事全文]

実り   2017/11/09 10:21   【信濃毎日新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報