47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  乗り物 >  JR浜松工場の105年紹介 浜松駅ビルで

おでかけ

記事

JR浜松工場の105年紹介 浜松駅ビルで展示会

 11月に創立105年を迎えるJR東海浜松工場(浜松市中区南伊場町)の今昔を紹介する展示イベントが今月7日、同市中区のJR浜松駅ビル・メイワンで始まる。古くは蒸気機関車(SL)の修繕や生産に当たり、現在は東海道新幹線を支える同工場。14日の「鉄道の日」に合わせて「工業都市・浜松のもう一つの顔を知ってほしい」と、メイワンを運営する浜松ターミナル開発が企画した。
 同工場は1912年11月に創立。取り扱う車両はSL、電気機関車、電車と移り変わり、2011年には新幹線専用工場になった。展示イベントは、工場の変遷や最新技術を年表や写真パネルで紹介する。工場に保管されている車両の銘板な…[記事全文]

乗り物   2017/10/07 13:08   【静岡新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報