47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  歴史・伝統 >  島根県美・夢の美術館展 常設展に関連作家

おでかけ

記事

島根県美・夢の美術館展 常設展に関連作家作品並ぶ

 松江市袖師町の島根県立美術館で開催中の企画展「夢の美術館~めぐりあう名画たち」(島根県立美術館、山陰中央新報社など主催)に合わせ、同美術館は所蔵する日本人画家の洋画などを常設展示している。企画展でも人気の黒田清輝や坂本繁二郎らの作品で、比較しながら巨匠の多彩な画風を楽しめる。

 企画展では福岡市美術館と北九州市立美術館の収蔵品が並ぶ。常設展示は日本画、日本洋画、西洋画を連動させ、企画展と同じ画家や、島根ゆかりの画家の作品などを紹介している。

[記事全文]

歴史・伝統   2017/10/07 11:06   【山陰中央新報】

    記事ランキング
最新おでかけ情報