47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  生き物 >  体長1.2メートル! 巨大ネコザメお目見

おでかけ

記事

体長1.2メートル! 巨大ネコザメお目見え 下田

 下田市三丁目の下田海中水族館にこのほど、体長1・2メートルの巨大なネコザメがお目見えした。
 9月下旬に下田沖で、伊勢エビ漁の刺し網によって捕獲された。同水族館によると、体長1メートルを超えるネコザメは珍しく、この道40年のベテラン職員も「びっくりするほどの大きさ」という。体重は約15キロ。水槽内を泳ぎ回ることもなく、水底でひっそりと過ごしている。
 ネコザメは東北地方より南の暖かい海の浅場に生息。茶褐色で、大きな頭の形が猫に似ている。サザエをかみ砕いて食べる歯の強さから、「サザエ割り」などと呼ばれている。

[記事全文]

生き物   2017/10/06 13:00   【静岡新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報