47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  歴史・伝統 >  土砂被災の神社 再建祝い式典

おでかけ

記事

土砂被災の神社 再建祝い式典

 2014年8月の広島土砂災害で全壊した細野神社(安佐南区八木町)が再建され5日、現地で記念式典があった。21、22の両日には、中断していた秋祭りを4年ぶりに開く。地元住民たちは「災害で町を離れた人にも来てもらいたい」と呼び掛けている。

 同神社は裏山から土砂が流れ込み、拝殿(約46平方メートル)や祓殿(はらいでん)=約61平方メートル=が全壊。鐘楼などが流出した。

 昨年9月から順次、再建を始めて約1年かけて終えた。工事費計約8500万円の一部は、呼び掛けに応じた町内外の181人が寄付した。

 式典には、神社総代会や工事関係者たち20人が…[記事全文]

歴史・伝統   2017/10/06 11:17   【中国新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報