47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  眺め・景色 >  秋色、見頃迎える 蔵王ドッコ沼が紅葉

おでかけ

記事

秋色、見頃迎える 蔵王ドッコ沼が紅葉

 朝晩の冷え込みが増し、山の高い所では紅葉が進んできた。山形市の蔵王でも山肌が色付きはじめ、蔵王中央高原付近では見頃を迎えている。

 5日の蔵王は昼すぎから次第に青空が広がり、標高1264メートルのドッコ沼周辺では、カエデなどの葉が赤く、ブナなどは黄色に変わり、柔らかい陽光が秋色を引き立てていた。県内外から散策に訪れた人も多く「最高の色だね」と語り、写真撮影をする人もいた。

 蔵王の紅葉は去年より1週間ほど早く山を下っているという。標高約880メートルにある蔵王温泉の周辺が赤や黄色に染まるのも、間もなくのようだ。

[記事全文]

眺め・景色   2017/10/05 22:43   【山形新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報