47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  アート >  美追求の石本氏 画業伝える42点 浜田で

おでかけ

記事

美追求の石本氏 画業伝える42点 浜田で作品選II

 島根県浜田市三隅町出身の日本画家で2015年に95歳で亡くなった石本正氏の作品をよりすぐった展覧会「石本正作品選2」が同市三隅町古市場の石正美術館で開かれている。青年時代から晩年までに残した約2千点の所蔵作品の中から選び抜かれた42点が、石本氏の優れた画業を伝えている。10月9日まで。

 会場には、舞妓を独自の審美眼で描いたシリーズ作をはじめ、鮮やかな色合いが目を引く「薊(あざみ)」、晩年作「月火美人」など多彩なテーマの作品を展示。画業に打ち込んだ石本氏の生涯を追いながら鑑賞できる。
 広島県呉市音戸町から訪れた松村律子さん(72)は「石本さんの作風や風景の…[記事全文]

アート   2017/09/14 13:09   【山陰中央新報】

    記事ランキング
最新おでかけ情報