47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  歴史・伝統 >  全国からうそ鳥“飛来” 綾川で展示会

おでかけ

記事

全国からうそ鳥“飛来” 綾川で展示会

 全国の天満宮で行われている「うそかえ神事」で使われる鳥の人形「うそ鳥」を集めた展示会が、綾川町の町立生涯学習センターで開かれている。地元の滝宮天満宮をはじめ、太宰府天満宮(福岡県)や湯島天神(東京都)など全国13の天満宮に伝わるさまざまな種類のうそ鳥が並び、訪れた人たちの関心を集めている。20日まで。

 うそかえ神事は、ウソという鳥をモデルにしたうそ鳥を手にした人々が「かえましょ、かえましょ」と声を掛け合って交換し、悪運を福に変えるというもので、全国25の天満宮で行われているとされる。太宰府天満宮は毎年1月7日の夜に暗闇の中で開き、滝宮天満宮では1934年から菅原道真公…[記事全文]

歴史・伝統   2017/04/16 10:32   【四国新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報