47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  アート >  高知県四万十市の魅力を映像に 松田監督が

おでかけ

記事

高知県四万十市の魅力を映像に 松田監督が制作しネットで順次公開

 高知県四万十市が、映画「あらうんど四万十~カールニカーラン~」を監督した地元出身の松田大佑さん(35)を起用し、観光PR映像を制作した。動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」でこのほど公開を始め、四万十市内で上映会も開いた。

 かっぱに似た妖怪猿猴(えんこう)を探す東京の雑誌記者が、四万十市職員の案内で四万十川沿いを巡り歩くストーリー。川遊びや食に気を取られ、なかなか取材が進まない姿を通して、地域の魅力をPRする。

 題名は「四万…[記事全文]

アート   2017/03/21 14:51   【高知新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報