47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  祭り >  24年ぶり天神像公開 中津・犬丸天満宮

おでかけ

記事

24年ぶり天神像公開 中津・犬丸天満宮

 中津市犬丸の犬丸天満宮(天満神社)で24~26日、「御開帳大祭」が開かれる。同宮で伝わる「御客(ごきゃく)天神」像を24年ぶりに特別公開。菅原道真公ゆかりの催しや地域の芸能奉納などもある。

 犬丸天満宮は太宰府へ向かう道真公が初めて九州上陸した場所とされ、天満宮は道真公の孫・文時が祭った。御開帳大祭は豊前中津藩小笠原家の2代目藩主長勝公が同像を寄進したことをきっかけに、道真公ゆかりのとり年に当たる1681年から24年ごとに開いている。今回は15回目。
 同像は木造で約30センチ(台座を含む)。大祭開催中、拝殿で公開する。今津神楽(24日午前10時~午後3時)…[記事全文]

祭り   2017/03/21 10:39   【大分合同新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報