47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  乗り物 >  風、心地よく 沼津「我入道の渡し船」運航

おでかけ

記事

風、心地よく 沼津「我入道の渡し船」運航開始

 木造和船で沼津市の狩野川河口部を行き来する「我入道の渡し船」が20日、ことしの運航を開始し、我入道渡船場で記念式典を開いた。春らしい陽気の中、観光客や地域住民が風を受けながら船上からの景色を堪能した。
 先着30人に無料乗船券を配布し、参加者は船頭歴20年のベテラン川口安次さん(77)が櫓(ろ)をこぐ音を聞きながら約10分間の乗船を楽しんだ。横浜市から来た大学生(22)は「ゆったりとした狩野川を上って富士山を眺めることができ、貴重な体験になった」と喜んだ。
 式典では子どもみこしや地域住民の踊り、投げ餅などで盛大に運航開始を祝った。
 3月中旬~5月…[記事全文]

乗り物   2017/03/21 10:38   【静岡新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報