47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  実り >  ヒスイカズラ見頃 鮮やかな青緑色の花房 

おでかけ

記事

ヒスイカズラ見頃 鮮やかな青緑色の花房 東伊豆

 東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園で、フィリピン原産のつる植物「ヒスイカズラ(ジェードバイン)」が見頃を迎えた。翡翠(ひすい)のような鮮やかな青緑色と、鳥のくちばしに似た形状から「女王の耳飾り」と呼ばれる。300本前後の花房が順次開花し、5月の大型連休ごろまで観賞できるという。
 昨年より早い2月下旬から咲き始めた。1本の木からハウスの天井を覆うようにつるが伸長。長さ約1メートルの花房があちこちからつり下がり、宝石を思わせる6~8センチの神秘的な花が穂状に咲いている。温水暖房のパイプ近くや日射量の多い窓側から花が開き、内側へ広がっていくという。
 ヒスイカズラは、…[記事全文]

実り   2017/03/15 13:02   【静岡新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報