47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  歴史・伝統 >  たたら製鉄の大絵巻13年ぶり公開

おでかけ

記事

たたら製鉄の大絵巻13年ぶり公開

 たたら製鉄の日本遺産認定を記念し、関連の文化財を集めた特別展が安来市安来町の和鋼博物館で開かれている。製鉄の歴史や手順をつづった絵巻などを公開している。4月5日まで。

 地元出身の画家松本春々の絵巻「玉鋼縁起」(1946年)を13年ぶりに公開。上中下3巻からなる全長約55メートル、幅30センチの大作で、神話に登場するたたらと歴史の変遷、中国山地での砂鉄採取から安来港への鉄の搬出までを描く。

 かつての取り決めとして春々が調べた「(責任者の)村下は火災があっても高殿から脱出は許されない」「(集落の)山内では歌舞伎や漫才が禁止」といった記述もある。

[記事全文]

歴史・伝統   2017/03/21 13:54   【中国新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報