47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  アート >  広島ゆかりの4人がピースアート

おでかけ

記事

広島ゆかりの4人がピースアート

 広島ゆかりの千葉県在住者たちによる「ピースアート展」が1日、千葉市緑区の画廊で始まった。原爆をテーマにした絵画16点が並び、平和の大切さを訴えている。12日まで。

 故人を含む4人が出展。呉市出身の美術家久保俊寛さん(72)は「原爆の図」を手掛けた画家丸木位里、俊夫妻たち原爆の悲惨さを追求した広島県出身の画家の肖像画を出展。細かな筆致で表情豊かに描いている。久保さんは「生きざまが刻まれた表情から平和への思いを感じてほしい」と話していた。

 久保さんのほか、広島市出身で被爆者の日本画家横山タケ子さん(70)▽同市育ちの美術家たべ・けんぞうさん(75)▽同市…[記事全文]

アート   2014/07/02 09:57   【中国新聞】

    記事ランキング
最新おでかけ情報

おすすめコンテンツ
田舎暮らし

田舎暮らし

移住、人生二毛作、マスオさん帰農、擬似故郷

てくてくjapan

てくてくjapan

てくてく全国をゆるく散歩しよう!

山への誘い

山への誘い

山のニュースと美しい山岳写真を集めたサイト

手づくり百名山

手づくり百名山

森林インストラクター米倉久邦さんによるコラム。毎週木曜日更新