47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  新潟 >  旅客船の事故想定 8機関連携訓練 新潟西港

 大規模な旅客船事故の発生に備え、第9管区海上保安本部は10日、新潟市中央区の新潟西港で訓練を行った。県警や佐渡汽船など8機関から140人が参加し、事故発生時に乗客の安全を確保できるよう救助の手順を確認した=写真=。 訓練は今年で4回目。新潟-両津を航行中のカーフェリー「ときわ丸」に積まれた車両から出火したという設定で行われた。佐渡汽船の職員ら約30人が避難する乗客役を務めた。 乗客は、海上保安官の指示に従って救命胴衣を着ると、フェリーに横付けされた巡視艇に乗り込んだ。県警もヘリを使ったつ…     [記事全文]

2017/11/11 09:48 【新潟日報】