47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  新潟 >  「マコモタケ」新メニュー提供へ 新潟産大生×柏崎の農業法人

 新潟産業大(柏崎市)と同市の農業法人「矢田営農組合」が連携し、イネ科の野菜「マコモタケ」をPRしようと取り組んでいる。同法人が栽培する特産品を若者の視点で発信する。第一弾は学生らが地元の飲食店に声を掛け、マコモタケを使った料理を提供してもらう計画で、11日からのイベントで新メニューがお目見えする。 マコモタケは「マコモ」という植物の茎を肥大化させた野菜。タケノコに似た食感で、炒め物や天ぷらにするとおいしいという。 同法人は、約10年前からコメの転作の一環で栽培を開始。矢田地区の山沿いの畑…     [記事全文]

2017/11/10 16:24 【新潟日報】