47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  新潟 >  相次ぐ遭難 入山時はしっかり準備を 湯沢で呼び掛け

 魚沼地域で山岳遭難事故が相次いでいることを受け、南魚沼署や消防でつくる南魚沼地域山岳遭難防止対策協議会は1日、湯沢町三俣のかぐらスキー場で入山時の注意点が書かれたポケットティッシュを配った。 同署管内(南魚沼市、湯沢町)の1~3月の遭難・事故件数は、前年同期比8件増の9件。6人が死亡または行方不明となっている。前年同期の死者、不明者はいなかった。 協議会のメンバー8人は「気象情報や天気図を確認していますか」「登山計画書の内容を検討し、理解していますか」などと書かれた紙の入ったティッシュ約…     [記事全文]

2017/04/02 09:46 【新潟日報】