47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  奈良 >  「まちあるき観光」推進 斑鳩町が「ふるさと名物応援宣言」

 近畿経済産業局は4日までに、斑鳩町が、世界遺産「法隆寺地域の仏教建造物」を生かした取り組みの散策・回遊型ツーリズム「まちあるき観光」を応援する、「ふるさと名物応援宣言」をしたと発表した。県内では野迫川村、下市、大淀両町に次いで4例目。3年後の東京五輪などに向け、地元の関係機関と連携して観光インフラを整備するとともに、古民家カフェの出店などを支援して観光客の増加を図る。 同宣言は、中小企業地域資源活用促進法に基づくもの。市町村が地域ブランドの育成、強化による地域活性化につなげるため、地域を…     [記事全文]

2017/10/05 10:18 【奈良新聞】