47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  奈良 >  【自転車少年男子個人】西原(榛生昇陽高)が頂点 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体2017

 自転車の少年男子個人ロードレースで、西原裕太郎(榛生昇陽高)が3時間9分50秒7で頂点に立った。西原は「全国大会で初めて優勝した。まだ実感がわかない。まさか自分が」と驚きの表情を浮かべた。 会心のレース展開。西原は前半、飛び出した先頭集団の最後尾にピタリとつけてチャンスを待った。残り1周、登り坂で勝負に出た。先頭集団に割って入り、最後は2人をさして栄冠をつかんだ。「ゴール勝負にかけていた。作戦通り」と振り返った。…

…     [記事全文]

2017/10/06 10:46 【奈良新聞】