47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  長崎 >  「幻の高来そば」に新展開

 古くから伝わる希少な種でそばづくりに取り組む諫早市高来町の住民グループ「幻の高来そば振興協議会」(中溝忠会長)。結成から8年、同町独特の「どろりそば」と呼ばれる食べ方を広め、地域活性化の旗振り役として活躍。年々、高まるそば人気に対し、生産量が追いつかないのが悩みの種だが、将来的な増産を見据えた町内の自然干陸地での試験栽培や、幅広い世代への普及を狙った「そば打ち体験教室」など新展開を見せている。  「ゆっくりと包丁を入れてください」。9月28日午後、高来ふれあい会館の調理室。そろいのTシャ…     [記事全文]

2017/10/06 00:00 【長崎新聞】