47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  長野 >  山ノ内のホテル火災 「はしご車なし原因」訴訟に

 2013年に下高井郡山ノ内町夜間瀬の竜王パークホテルで起きた火災で、経営者夫妻が死傷したのは地元消防にはしご車や空気式救助マットがなかったためとして、遺族が国家賠償法に基づき同町に4800万円余の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしていることが10日、分かった。町側は請求棄却を求め争っており、判決が来年1月22日に予定されている。 訴状によると、13年5月28日、竜王パークホテル(鉄骨造り5階建て)5階から出火し、経営者男性と妻が同じ階に取り残され、火に追われてベランダから落下。男性は…     [記事全文]

2017/11/11 08:54 【信濃毎日新聞】 

 最新ニュース