47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  長野 >  大地震4回発生か 「神城断層」調査で痕跡

 2014年11月22日に県北部を震源に最大震度6弱を観測した地震を調査している信州大、岡山大を中心とする合同グループは10日、地震を起こした北安曇郡白馬村の「神城断層」のトレンチ(溝)掘削調査の現場を公開した。広内大助・信大教授(地理学)は、14年の地震でできたものを含め、断層面や断層面とみられる痕跡が四つ確認でき、一帯が過去4回にわたって大きな地震に見舞われた可能性があるとの見解を示した。地震の発生間隔や規模などを詳しく調べ、地震予測に役立てる。 グループはJR白馬駅南東の田を、10月…     [記事全文]

2017/11/11 08:51 【信濃毎日新聞】 

 最新ニュース
記事一覧