47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  長野 >  豊丘の「山葡萄ワイン」7年目の一新 11日販売解禁

 長野県下伊那郡豊丘村やみなみ信州農協(飯田市)などでつくる村農業技術者連絡協議会が手掛けた「山葡萄(やまぶどう)ワインevica〓ra(エヴィカズラ)」の販売が11日、解禁される。村内の遊休農地を生かして栽培した食用の野生ブドウでワインの生産を続け、販売は7年目。これまでと原料の配分を変え、味も名称もリニューアルした。 原料には「サンカクヅル」と「ヤマ・ソービニオン」を使用。これまではサンカクヅルを多めにブレンドしていたが、今回は糖度を上げやすいヤマ・ソービニオンの割合を増やした。味は「…     [記事全文]

2017/11/10 09:28 【信濃毎日新聞】