47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  長野 >  戸隠神社の杉 3本折れる 奥社参道 10月の台風で

 10月下旬に県内に接近した台風21号の影響で、県天然記念物に指定されている長野市の戸隠神社奥社参道の杉並木の杉計3本が倒れる被害が出ていたことが9日までに分かった。戸隠神社によると、杉並木の杉が複数まとまって倒れるのは1959(昭和34)年の伊勢湾台風以来約60年ぶり。杉並木は樹齢350年ほどに及び、腐朽も目立つ。地元有志らは戸隠観光のシンボルを守ろうと、樹勢回復に向けた対策に乗りだそうとしている。 10月23日に台風21号が去った後、胸高の幹の太さで直径1メートル前後の大木計3本が幹か…     [記事全文]

2017/11/10 08:42 【信濃毎日新聞】