47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  長野 >  彫刻家・細川宗英さんの特別展 松本市美術館

 松本市美術館で7日、同市で生まれ諏訪市で育った彫刻家細川宗英さん(1930〜94年)の特別展が始まる。同館の所蔵品や諏訪市美術館から借りた作品など約90点を展示。初期から晩年まで、細川さんの制作活動の全体像が分かる内容になっている。 細川さんは東京芸術大に進学後、東京を拠点に活動した。各分野で優れた業績を挙げた県関係の個人、団体に贈られる「信毎賞」正賞のブロンズ像「耀(かがや)く」の作者でもある。 斜め上を見上げるようにすっと立つ「王妃像No・1」、ぎょろりとした義眼が入った「道元」など…     [記事全文]

2017/10/07 08:09 【信濃毎日新聞】