47NEWS >  地域ニュース >  山への誘い >  シニアの星 >  中高年登山塾 >  (51)山岳会でレベルアップ

森林インストラクター米倉久邦のシニアの星

シニアの星メニュー シニアの星TOPへのボタン 手づくり百名山コラム一覧へのボタン 中高年登山塾コラム一覧
中高年登山塾
(51)山岳会でレベルアップ
イラスト:工藤美和子

(51)山岳会でレベルアップ

 社会人山岳会に入ったのは初めてである。これがなかなか面白い。メンバーは寄せ鍋さながら。いろいろである。年齢は25歳ぐらいから60過ぎまで。もちろん女性も古参から新入りまでそろっている。

 職業も実にバラエティーに富んでいる。営業マンや英語の教師、大学の研究員、役人、保育士さん、リハビリの先生、板前さんなどなど。なぜか、コンピューターの技術者が目につく。フランス人もいて、国際色もある。

 まったく世界の違う人たちの集まりだし、部長や課長といった会社の上下関係とも無縁だ。肩書はなんの役にもたたない。力量もバラバラ。大学山岳部でヒマラヤ経験という男もいるし、スキー山岳会というのにスキーをしたことがないのもいる。共通しているのは、山が好きということだけだ。それが楽しい。

 いろいろな能力が集まっているし、皆、気のいい仲間だ。頼んでフリークライミングの手ほどきを受けたこともある。1人ではちょっと腰が引けるという山でも、一緒ならば十分にこなせる。それに、新しい装備や山のルートなど、1人では得られない情報を交換できるのもありがたい。

 例会では必ず、いくつか山行計画が出される。参加する、しないは全くの自由である。興味があれば、手を挙げればいい。集合場所や車の手配でメールが飛び交い、準備が進む。

 組織の中にいるメリットもある。メンバーは登山計画書の提出が義務だし、山岳保険にも加入しなければならない。その分、いざというときにはメンバーが救助活動をしてくれる。

 中高年には頑固に自分流が多いが、煩わしいと思わずに知らない世界に飛び込んで、あれこれと吸収するのは、レベルアップの早道だ。(米倉久邦、2004年3月記)


【登山塾】

ボックスのフッター部分

磐梯朝日国立公園指定60年
世界遺産白神山地
青森県の山々
あおもりバーチャル登山
月山夏変化リアルタイム
朝日連峰縦走
福島県山開きガイド2015
ふくしま里山物語
山を楽しむ
尾瀬国立公園
富士山NET
南アルプスNET
信州山小屋ネット
日本山岳会の千葉山行日記
立山・黒部
山の景観
世界遺産熊野古道

ボックスのフッター部分