47NEWS >  地域ニュース >  山への誘い >  残暑に負けず大雪渓 大野・荒島岳

山への誘い 47NEWSがお届けする山へのページへようこそ


残暑に負けず大雪渓 大野・荒島岳
旧盆を過ぎても残る巨大な雪渓。雪解け水にえぐられて雄大な造形美を見せる=大野市の荒島岳で

残暑に負けず大雪渓 大野・荒島岳

 大野市の荒島岳(一、五二三メートル)の峡谷では十九日、巨大な雪渓が今も残る。雪解け水にえぐられてトンネル状となり、雄大な造形美を見せている。

 荒島岳の南東、標高六〇〇メートル付近の雪渓は日当たりの悪い急峻(きゅうしゅん)な谷底に雪崩の雪が堆積し、季節風による吹きだまりで雪が固められてできる。荒島岳に詳しい地元の登山家によると、例年六、七月には消えるが、今年は昨季の大雪の影響で、この時期でも残ったとみている。

 荒島谷川に注ぎ込む山からの雪解け水により、雪・・・    [記事全文]

2015/08/20【中日新聞】
ライン
ボックスのフッター部分

磐梯朝日国立公園指定60年
世界遺産白神山地
青森県の山々
あおもりバーチャル登山
月山夏変化リアルタイム
朝日連峰縦走
福島県山開きガイド2015
ふくしま里山物語
山を楽しむ
尾瀬国立公園
富士山NET
南アルプスNET
信州山小屋ネット
日本山岳会の千葉山行日記
立山・黒部
山の景観
世界遺産熊野古道

ボックスのフッター部分