47NEWS >  地域ニュース >  山への誘い >  立山に氷体、国内最大 砂防博物館が確認、氷河の可能性も

山への誘い 47NEWSがお届けする山へのページへようこそ


立山に氷体、国内最大 砂防博物館が確認、氷河の可能性も
国内最大級の「氷体」が確認された御前沢カールの雪渓。手前の黒っぽい所は「氷体」が露出している部分

立山に氷体、国内最大 砂防博物館が確認、氷河の可能性も

 立山・雄山(3003メートル)の東側斜面にある御前沢(ごぜんざわ)カールの雪渓内に、国内最大級の氷の塊「氷体」があることが、立山カルデラ砂防博物館の調査で分かった。大きさは長さ約700メートル、幅が最大で約200メートル、厚さ約30メートル。重力が働いて斜面を流動する「氷河」の可能性がある。氷河は、極東アジアではロシア・カムチャツカ半島以北にしかなく、確認されれば、日本では初めての発見となる。

 御前沢カールには雪渓内に氷体があることが推定されていたが、急斜面で近づきにく・・・    [記事全文]

2009/11/20【北日本新聞】
ライン
ボックスのフッター部分

磐梯朝日国立公園指定60年
世界遺産白神山地
青森県の山々
あおもりバーチャル登山
月山夏変化リアルタイム
朝日連峰縦走
福島県山開きガイド2015
ふくしま里山物語
山を楽しむ
尾瀬国立公園
富士山NET
南アルプスNET
信州山小屋ネット
日本山岳会の千葉山行日記
立山・黒部
山の景観
世界遺産熊野古道

ボックスのフッター部分