47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  三重 >  亀山 「不審者」対応を訓練 保育士の役割確認 三重

【亀山】三重県の亀山市立川崎南保育園(麻生綾園長、86人)は10日、同市長明寺町の同園で防犯訓練を実施した。市青少年総合支援センター補導員2人が協力した。 同園は同様の訓練を年7回、自主的に実施している。市職員が不審者に扮(ふん)し、園庭の柵を乗り越え侵入、保育士が笛を吹き鳴らし逃げ惑う園児らを室内に誘導する役割と、青パトで巡回中に駆け付けた補導員らと一緒に、「刺股」で不審者を取り押さえる訓練を実践した。 麻生園長は「子どもたちが指示通りに動いてくれた」と話し、補導員の松村弘光さん(70)…     [記事全文]

2017/11/11 00:00 【伊勢新聞】