47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  三重 >  「45」是非、真逆の結果 県議会定数議論、今後も混迷か

 県議会定数を現状の五一から四五に削減することについて、県議会が県民に意見を求めたアンケートで、約九割が「四五は減らしすぎ」と回答したことが分かった。一方、県政への意見をネットで定期的に募るeモニターでは逆に約九割が定数増に否定的で、二つの調査で正反対の結論となった。  県議会は三年前、一票の格差是正のため、四五への削減条例を可決したが、「南部で減らしすぎ」との意見が出て見直しを検討。だがこの特別委の議論も紛糾したため県民に意見を求めたが、結論が真っ二つに割れたことで平行線の議論が続く…     [記事全文]

2017/11/11 08:00 【中日新聞】