47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  三重 >  亀山 郷土史研究を発表 「加太八兵衛」など紹介 三重

【亀山】三重県亀山市の市民団体「KAMEREKI学びぃ~舎」(山本淑子代表)は9日、亀山市東御幸町の市文化会館内コミュニティCafeぶんぶんで郷土史研究発表会を開き、市民5人が郷土に伝わる史実や故人の業績など発表した。 大原善男さん、久保田孝夫さん、林史昭さん、櫻井利憲さん、八木淳夫さんが持ち時間30分で研究の成果を発表し、市民ら26人が聞き入った。 大原さん(73)=同市加太中在家=は、同市加太出身で江戸幕府御用達「伊勢八」を八代続けた店主「加太八兵衛」を紹介。「旗本や御家人に支給される…     [記事全文]

2017/11/10 00:00 【伊勢新聞】