47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  高知 >  世界レベルの版画168点 トリエンナーレ展開幕 高知県のいの町紙の博物館

 3年に1回開かれる国内最大規模の版画展「第10回高知国際版画トリエンナーレ展」が7日、高知県吾川郡いの町の紙の博物館で開幕した。入賞・入選した国内外の168点を展示。独創性あふれる作品が訪れた人たちを魅了している。12月3日まで。  土佐和紙国際化実行委員会(宮田速雄会長)の主催。1990年に始まり、地元企業などの支援で世界レベルの版画展に成長した。今回は世界51の国や地域の701人から1483点の応募があり、6月に審査会が開かれた。......この続きは高知新聞の紙面をご覧下さい。ご購…     [記事全文]

2017/10/08 08:20 【高知新聞】