47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  高知 >  JR予土線模型が高知県四万十町役場に 鉄道カメラマンら製作

 四万十川沿いの山あいを走るJR予土線の風景を凝縮した鉄道ジオラマが、高知県高岡郡四万十町役場西庁舎の1階ホールに展示されている。清流が見渡せるトロッコ列車や沈下橋で遊ぶ人など、「しまんとグリーンライン」と呼ばれる予土線ならではの印象的な光景が再現されている。  沿線自治体などでつくる県予土線利用促進対策協議会が設置。昨春、江川崎駅近くの道の駅「よって西土佐」(四万十市)に置いたのに続く第2弾で、今回も協議会アドバイザーで鉄道カメラマンの坪内政美さん(43)=高松市=に発注した。坪内さんは…     [記事全文]

2017/09/15 08:40 【高知新聞】