47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  神奈川 >  首都直下見据え訓練 神奈川など、津波想定や高所避難も

 首都直下地震に備える広域的な実動訓練が10日、神奈川や東京、埼玉などで行われ、国や自治体、関係団体が復旧や支援時の連携を確かめた。東扇島地区基幹的広域防災拠点(川崎市川崎区)では、海や空からの物資輸送を試みるとともに、「世界津波の日」(5日)にちなみ高所への避難訓練も実施した。 都心南部の直下地震で川崎市内は震度6強の揺れとなり、多数の死者や建物倒壊が出たと想定。応援要員が船などで参集し、消防が車両から救助した負傷者をヘリコプターで都内の病院に搬送した。 さらに、液状化を起こした地盤の復…     [記事全文]

2017/11/11 05:00 【神奈川新聞】