47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  神奈川 >  文化息づく「測候所」 現代美術作家杉本博司さんが小田原で9日開所

 世界的に活躍する現代美術作家・杉本博司さんが構想から20年の歳月をかけ、小田原市江之浦に建設した文化施設・小田原文化財団「江之浦測候所」が9日、オープンする。6日には報道関係者向けの内覧会が行われ、相模湾の海を望みながら四季折々の変化を感じられる、さまざまな施設が公開された。 敷地は、ミカン畑だった土地。箱根外輪山を背に、海を望む起伏に富んだ地形を活用した。取得した農地を含めると敷地は約3万8千平方メートルに上り、うち1万平方メートルで開発された。 ガラス張りの長さ100メートルのギャラ…     [記事全文]

2017/10/07 17:05 【神奈川新聞】