47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  神奈川 >  「教室も著作権」反発 「音楽教育守る」企業など結集 JASRAC徴収方針

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が、ピアノやギターなどを教える音楽教室から楽器演奏に伴う著作権の使用料を徴収する方針を示したことが波紋を広げている。教室を運営する企業や団体は「音楽教育を守る会」を立ち上げ、「演奏権は教室での演奏には及ばない」として反発を強めている。 著作権法では、「公衆」に聞かせることを目的に曲を演奏したりする「演奏権」を、作曲者や作詞者が占有すると定めている。 国内外の楽曲約350万曲の著作権を管理するJASRACは2月2日、音楽教室で先生が演奏する際、生徒が不特定…     [記事全文]

2017/03/05 17:05 【神奈川新聞】