47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  鹿児島 >  衛星「つばめ」公開 超低高度飛行の可能性探る 種子島宇宙センター

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、高度300キロ以下の超低高度衛星の飛行の可能性を探る技術試験機「つばめ」を、南種子町の種子島宇宙センターで公開した。本年度中に、気候変動観測衛星「しきさい」との相乗りで、H2Aロケットで打ち上げる。 超低高度衛星は地表に近い分、地球を高い解像度で観測できるメリットがある半面、従来高度600〜800キロの1000倍も大気抵抗が大きいのが課題。

…     [記事全文]

2017/10/07 06:30 【南日本新聞】