47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  石川 >  里山に巨大な竹オブジェ 宝達志水・針山、坂田さんが制作

 宝達志水町針山の旧針山小に、竹を組み合わせて作った巨大なオブジェがお目見えした。地元の陶芸家、坂田善憲さん(65)が鳥の巣と卵の形をイメージし、付近の山に自生する竹を2カ月かけて組み合わせた。 7日から同所と針原集会所で始まった坂田さんの個展「竹に思いを」(本社後援)の出品作の一つで、高さは約10メートル、幅が約20メートルある。作品に「予感」と名付けた坂田さんは「何かが生まれる予感を表現した」と話した。 坂田さんは2013年秋から、旧針山小に竹細工を飾っている。会場には、過去に制作した…     [記事全文]

2017/10/08 02:09 【北國新聞】 

 最新ニュース