47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  石川 >  ドローン活用法 生徒に 気多大社権宮司が講師 羽咋工で授業

 羽咋市の羽咋工業高校で六日、ドローンの活用をテーマとした課題研究授業があった。同市寺家町、気多大社の三井孝秀権宮司を講師に招き、三井権宮司の操作で生徒たちがドローンによる撮影を体験した。(小塚泉)  三井権宮司は、神道の多様性を表現する手法の一つとして、写真に加えてドローンでの撮影を取り入れており、学校が外部講師として招いた。電気科と建設造形科の三年生が授業を受けた。  三井権宮司は、ドローンを持参し、教室内で小型のドローンの飛行を実演。ドローンが空撮や土木現場での測量、農薬の散布、離島…     [記事全文]

2017/10/07 08:00 【中日新聞】