47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  石川 >  猛禽類の営巣応援 七尾・時国さん、生態を紹介

 県希少生物研究会の時国公政代表(75)=七尾市=は、能登の里山で生息する国の絶滅危惧種「ハヤブサ」「ノスリ」などタカの仲間「猛禽(もうきん)類」を守るため、営巣地近くの集落で、住民に猛禽類の生態を紹介する活動を始めた。産卵期の春からヒナが巣立つ夏までの間、巣の周囲で草刈りや樹木の伐採を控えてもらう。貴重な鳥と、能登の里山の生態系を守るため、住民に協力を求めていく。

…     [記事全文]

2017/03/02 02:01 【北國新聞】