47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  茨城 >  リアルな植物画 35人の力作141点 水戸市植物公園 

花や葉の形を正確に描く植物画「ボタニカルアート」の展示会が水戸市小吹町の市植物公園植物館で開かれている。19日まで。 同園で教室を行っているボタニカルアート同好会(佐藤好市会長)の会員らによる年1回の作品展。バラやユリ、薬草といった多彩な草花を題材に講師とメンバー計35人の作品141点を展示している。 ボタニカルアートは植物学の研究などを目的にヨーロッパで生まれた。原則的に背景は描かず、原寸大で色や形を正しく精細に表現するのが特徴。 教室7年目の栗原のぶ子さん(66)は「描くことで今まで何…     [記事全文]

2017/11/10 00:00 【茨城新聞】