47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  茨城 >  水戸市 「南消防署」移転へ 24年度までに 

老朽化、600メートル南東に新設水戸市は10日、JR水戸駅南口の「南消防署」(同市城南1丁目)について、2024年度初めごろまでに新築移転する方針を固めた。施設の老朽化が主な要因。同施設は中心市街地に近接し立地の利便性は高いものの、建物や敷地が狭く耐震補強などの改築も困難なため、同市元吉田町の市有地へ新施設を整備する。 同日の市議会文教福祉委員会で報告した。 移転先となるのは、現施設から約600メートル南東の市有地で、敷地面積は約3300平方メートル。このうち300平方メートルは県有地…     [記事全文]

2017/11/11 00:00 【茨城新聞】