47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  茨城 >  一家6人死亡 児童、すすんで手伝い

 日立市の県営アパートの火災現場で六日早朝、子ども五人を含む六人の遺体が見つかった事件を受け、市教委は同日午後、市役所で会見した。亡くなった子ども五人のうち、二人は市立田尻小の一年男子児童と六年女子児童とみられ、中島修校長(54)は「本当につらくて苦しい。二人とも何事にも一生懸命な子どもだった」と語った。  中島校長は、女子児童を「いつも笑顔で誰に対しても優しくでき、すすんで手伝いもしていた。明るく前向きな子」と説明。男子児童については「落ち着いて学校生活を送ることができ、休み時間に鬼ごっ…     [記事全文]

2017/10/07 08:00 【東京新聞】