47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  茨城 >  <衆院選>避難者「国難忘れないで」原発事故から3回目 

 衆院選は、東京電力福島第一原発事故が発生してから3回目となる。事故により避難している人は県内でも、いまだに約3500人に上る。ただ、各政党はさまざまな政策をPRするが、「復興」のキーワードは徐々に薄れてきている。県内の避難者らは、原発事故という「国難」を「忘れないで」と訴えている。(鈴木学、酒井健、山下葉月)  「議員らは『復興はスピード感を持って』と言っていたけど、廃車寸前の車より遅いよ。復興に立ち上がり始めた今こそ、国の力が必要なのに。福島のことは、どこかに行っている」  福島県浪江…     [記事全文]

2017/10/07 08:00 【東京新聞】